読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーフェクトRubyという書籍を執筆したら31歳になりました

 

もう先月のことですが、この度パーフェクトRubyという書籍を執筆し発売されました。

おかげさまで売れ行きも好調でエゴサーチ調べそれなりに良い評判をいただいておりますので、まだお持ちでない方は手にとっていただけると嬉しいです(パーフェクトな人は除く)。 

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)

 

 

執筆に関するためになる話や内容については @sugamasao や素敵な読者の皆様のエントリーが存在しているのでそちらを御覧ください。

 

パーフェクトRubyという本を(共著で)書きました

『パーフェクトRuby』の感想

 

今回執筆するにあたっては @sugamasao @takkanm @hibariya からお話をいただきました。

彼らが何やら本を書いているぞ、というのは風のうわさに聞いていました。

ですが誘っていただいたことに関してはびっくり感は少なかったです。

まあそれでもすげーびっくりした部類には入るんですが。

なんでかというと、実は彼らが書いていた本のレビュワーになるべく書評をブログにポストしていたりして、声かけてくれないかなーとチラチラ伺っていました。

そしたら私信が来て、「お、これは来たかー?」って思ったんですが実際は想定を飛び越えて執筆を手伝ってもらえないかという話でした。

 

正直自分に書けるのかすごく不安で少し悩みました。

でもアウトプットのためのインプットは自分の成長を加速させるチャンスであるというのは知っていたので自分の答えは決まっていたんでしょうね。

実際わいふに相談したんですが案の定見破られていて、「でも書くんでしょ?」なんて言われてしまいました。さすがですね(わいふすごい)。

 

@sugamasaoもブログで言っていたんですが、自分がしたアクションって誰かが見てくれているものなので、何かやりたいと思ったら受身でいると何もこないんだと思いました。

 

ということで本来20代のうちに本を出版するっていう目標だったんですが、色々あって30歳のうちに出版することはできました。

購入してくださった読者の皆様、ありがとうございました。

ひどいスケジュールの中レビューをお手伝いしていただいたレビュワーの皆様、一緒に執筆した皆様、本当にたくさんご迷惑をお掛けしました。

いい機会を与えてもらって感謝しております、ありがとうございました。

 

んでもって今日は誕生日っていうのもあってこのエントリーを書いてたりするんですが、次の1年は何やるかねーっていうのは執筆している段階から色々考えていました。

まずはインプットの量を増やして自分の作りたいものをバンバン作っていこうと思っています。

あと去年も同じことを言っていましたが英語...

これに関しては本腰入れて勉強する機会も得られたのでバンバンやってます。

  

最後に恒例の謎のリンクを置いておきます。

 http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3LOTEC32E03RH

 

おまけ